ボトックス注射

表情じわに対する効果

気になる部分のしわはどこですか?

ボトックス注射により、メスを使わず短時間で眉間や額、目尻などの表情じわを改善します。

表情の変化によるしわと関連する顔の筋肉

笑ったり、眉をひそめたり、怒ったり…表情が変化するときにお顔の筋肉を動かすことが原因で生じる『表情じわ』

年齢とともに皮膚の弾力が失われ、しわが刻まれていきます。

ボトックス注射は、表情じわの原因となる表情筋の収縮を和らげて、眉間の縦じわや額の横じわ、目尻のしわなどを目立たなくします。

 

ボトックス注射が表情じわの改善に効くのはなぜ?

STEP1

筋肉を動かすときには、神経からアセチルコリンという物質が出て、脳からの刺激が筋肉に伝わります。
眉間や目尻、額などの表情じわでは、このアセチルコリンが過剰にでてしまうことにより、筋肉が必要以上んい動き、時間が経つにつれて、しわの原因になります。

STEP2

ボトックス注射は、神経からアセチルコリンが出るのを抑え、筋肉の過剰な動きを和らげることにより、しわを軽減します。

注射する製剤の成分について

製剤の成分は、A型ボツリヌストキシンといいます。天然のたんぱく質からできた毒素を分解・精製したもので、ボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれません。A型ボツリヌス毒素製剤は、20年以上にわたり医薬品として、さまざまな疾患の治療に使われております。

治療例

眉間ボトックス

Before
After

額ボトックス

Before
After

目尻ボトックス

Before
After

施術名:A型ボツリヌス毒素製剤注射                                               施術内容:A型ボツリヌス毒素製剤の筋肉内注射                                          副作用:頭痛、眼瞼下垂、そう痒感、注射部位疼痛、注射部腫脹、注射部出血斑、注射部熱感

エラボトックス

このようなお悩みにオススメです
✔ エラが張って顔が大きく見える
✔ 小顔になりたい
✔ 歯ぎしり・食いしばりを改善したい
✔ メスを使わず小顔治療をしたい
✔ 食いしばりのため肩が凝る

エラ張りの原因として、骨が張っている場合とエラの筋肉(咬筋:こうきん)が肥大している場合があります。咬筋は咬む筋肉で、歯ぎしりや食いしばりが続くと咬筋が発達して肥大します。咬筋にボトックス注射をすることで、咬筋の緊張が緩和し、筋肉の盛り上がりが軽減。歯ぎしりや食いしばりが改善し、小顔効果が得られます。

詳しくはこちらをクリック

ワキ汗ボトックス

このようなお悩みにオススメです
✔ ワキ汗が多くニオイが気になる
✔ ワキ汗のために着る服の色が限定される
✔ 手を挙げることに抵抗を感じる
✔ 市販の汗対策製品ではワキ汗に対応しきれない
✔ 汗ジミで気に入っている服が長く着られない
✔ 汗のために恋愛に対して積極的になれない

ボトックス注射は多汗症の治療としても効果的です。ボトックス注射は、交感神経の末端で発汗を促すアセチルコリンの分泌をブロックするため、発汗が抑えられます。汗の分泌が多くなる夏の前に注射するのがお勧めです。

治療効果

〇発汗を抑える効果は通常、治療後2~3日であらわれ、効果は約4~9か月持続します。
〇効果の程度や持続期間には個人差があります。
〇完治を目指す治療法ではありませんので、症状が再びあらわれたときには、あらためて治療を行います。

注意点

注射後、まれに次のような副作用を生じることがあります。多くは一時的なものですが、程度が強い場合など、気になるときには医師に相談してください。
〇注射部位の赤み、腫れ、痛み
〇倦怠感
〇わき以外の部位で汗が増えた

わかこ皮ふ科クリニックでは、治療に伴う疼痛緩和のため、クリーム麻酔を併用いたします。

たるみによるしわにはヒアルロン酸注入がオススメです

年齢とともにお顔の骨や脂肪が減少し筋肉が衰えることで下垂してできる、たるみ。ほうれい線などの「たるみじわ」には、ヒアルロン酸注入治療がおすすめです。

詳細はこちらをクリック

ボトックス製剤の種類

 BOTOX VISTA  ボトックスビスタ

日本で唯一、厚生労働省が承認したボツリヌス治療製剤です。日本基準での、安全性が評価され、厳しく品質管理されています。また、ボトックスビスタにより治療を行うことができるのは、所定の講習を受け、認定された医師のみであり、当院の医師はボトックス認定医です。

 METOX メトックス

ボトックスビスタと同様、A型ボツリヌス製剤です。KFDA(韓国食品医薬品安全庁)に承認された効果と安全性の高い製剤です。ジェネリック薬品(後発薬品)に相当するためメーカーからの販売価格がボトックスビスタよりも安く、その分治療費用を抑えられます。

ボトックス注射 当院のこだわりポイント

厚生労働省認可の「ボトックスビスタ」と、韓国製の「メトックス」から自分に合った方を選べます。

わかこ皮ふ科クリニックでは、「ボトックスビスタ」「メトックス」の2種類の製剤からご希望により選んでいただけます。

メトックスは、韓国食品医薬品安全庁の承認を受けたボツリヌス・トキシン製剤でジェネリック医薬品です。そのため、リーズナブルな価格で受けることができます。費用を抑えてボトックス治療を受けたい人にはとてもぴったりです。

自然な仕上がりに

ボトックス注射は、注射部位や量を間違えると不自然な表情になってしまいます。当院では女医目線で『美しく、かつナチュラルであること』を大切に、細やかに治療いたします。
さらに、ボトックス注射による「表情じわ」とヒアルロン酸注入による「たるみじわ」の治療を組み合わせることや、他の治療とのコンビネーション治療も可能です。メスを使わず、不自然・人工的ではないあなたの持つ自然な美しさを引き出す治療を目指します。

ダウンタイムを最小限に

当院では、静脈可視化装置StatVein(スタットベイン)を導入しています。Stat Veinは、静脈の走行を見ることのできる画期的な装置です。注射時に静脈の位置を確認することで、血管に針が当たることによる内出血のリスクを減らすことができます。

施術の流れ

➀ご予約

カウンセリングは予約制とさせていただいています。
お手数ですが、ウェブでご予約の上ご来院頂きますようお願い致します。

WEB予約・・・こちら

 

②カウンセリング

お悩みや気になる症状をお伺いし、最適な治療法をご提案いたします。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずにお聞きください。

③治療

筋肉の動きやシワの様子を確認しながら、注射部位・投与量を決めて治療します。クーリングしてから、細い針(32G)を使用して注射しますので、痛みは軽度です。

④治療後

2週間後に仕上がり・効果を確認させていただきますので、次回のご予約を承ります。お会計をお待ちいただく間にパウダールームでメイクをしていただけます。アフターケアでご不明なことがございましたら遠慮なくお伝えください。

施術概要

施術時間 1箇所5分程度です。複数個所の場合は15分程度です。
痛み 極細針で注射しますが、ちくっとしたお痛みがあります。痛みに弱い方はクリーム麻酔もできますのでご相談下さい。
ダウンタイム 注射部位に内出血を起こすことがありますが、2週間程度で改善します。治療当日からすぐに普段通りの生活ができます。
持続期間 持続期間は通常3~4カ月程度なので、効果を維持するには継続治療がお勧めです。(効果の持続期間には個人差があります。)
洗顔・メイク 治療当日の洗顔やメイクは問題ありませんが、注射部位を揉んだり、強くこすったりしないでください。
副作用 頭痛、瞼が下がる、注射部位の局所的な痛み、顔の痛み・赤み、筋肉の部分的な脱力、注射部位周囲の腫れ、皮膚のつっぱり、チクチクする感じなどが報告されています。副作用が気になる場合は、医師にご相談ください。

治療を受けられない方

全身性の神経筋接合部の障害をもつ患者(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
本剤は筋弛緩作用を有するため、病態を悪化させる可能性があります。
妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳婦
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・小児

治療に注意が必要な方

慢性の呼吸器障害のある患者
 本剤の投与により、病態を悪化させる可能性がある。
重篤な筋力低下あるいは萎縮がある患者
 本剤の投与により、症状を悪化させる可能性がある。
閉塞隅角緑内障のある患者又はその素因(狭隅角等)のある患者
 本剤はアセチルコリンの放出抑制作用を有するため、症状を悪化させる可能性がある。
神経学的障害のある患者
 嚥下困難等を有する患者、脳性麻痺等重度の障害を有する小児患者、痙縮患者等では、投与部位以外の遠隔筋に対する影響と考えられる副作用のリスクが増加するため特に注意すること。
高齢者
一般に、生理機能が低下しているため、少量から投与を開始するなど慎重に投与すること。

併用に注意が必要な薬剤

以下の薬剤との併用で、閉瞼不全、頸部筋脱力等の過剰な筋弛緩があらわれたり、嚥下障害の発現が高まる可能性があります。

筋弛緩剤(ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物、ダントロレンナトリウム水和物等)

筋弛緩作用を有する薬剤
・スペクチノマイシン塩酸塩水和物
・アミノグリコシド系抗生物質(ゲンタマイシン硫酸塩、フラジオマイシン硫酸塩等)
・ポリペプチド系抗生物質(ポリミキシンB硫酸塩等)
・テトラサイクリン系抗生物質
・リンコマイシン系抗生物質
・抗痙縮剤(バクロフェン等)
・抗コリン剤(ブチルスコポラミン臭化物、トリヘキシフェニジル塩酸塩等)
・ベンゾジアゼピン系薬剤及び類薬(ジアゼパム、エチゾラム等)
・ベンザミド系薬剤(チアプリド塩酸塩、スルピリド等)

※他のボツリヌス毒素製剤との同時投与は原則として避けること。

料金表

料金表はこちらをクリック

しわ・小じわ・ハリ

  1. フォトフェイシャル ステラM22

  2. Juvelook ジュベルック

  3. ポテンツァ

  4. ダーマペン4

  5. ハイフ(ウルトラセルQプラス)

  6. ボトックス注射

  7. ヒアルロン酸注入

  8. スネコス(SUNEKOS®)注射

  9. GAUDISKIN (ガウディスキン)

     

  10. ZO SKIN HEALTH

美容皮膚科