エラボトックス

エラを小さくして小顔に

過剰に発達して盛り上がったエラの筋肉(咬筋)にボトックスを注射すると、筋肉の動きが抑制されます。その状態がしばらく続くと、筋肉が徐々に小さくなり、エラがほっそりして小顔効果を得ることができます。

エラが張っている原因が骨格ではなく咬筋の盛り上がりの場合、咬筋にボトックスを注射すると、1~2ヵ月後からエラが小さくなり、フェイスラインのシャープな小顔になることが期待できます。

 

 

歯ぎしりの改善にも

咬筋が過剰に発達している原因の多くは歯ぎしりや食いしばりです。歯ぎしり中は常に咬筋を動かしていますので、歯ぎしりが重症な程、咬筋が過剰に発達し肥大するのです。

 

 

ボトックスにより咬筋の動きが和らぐと、歯ぎしりも改善し、その状態が続くと次第に咬筋が委縮します。ボトックスの効果で歯ぎしりの強さが和らぎ、歯のすり減り具合も軽減します。かかりつけの歯医者さんと連携して治療しますのでご安心ください。

☆で示した筋肉が咬筋です。
片側の咬筋に対し、3か所程度注射いたします。

エラボトックスの治療効果について

同じボトックス注射でも、表情ジワの治療とエラ・小顔治療では治療効果が異なりますので、エラボトックスの治療経過についてご説明いたします。

エラボトックスの治療経過は以下の1→2→3→…と経過します。

  1. エラ(咬筋)にボトックスを注射
  2. 治療数日後より筋肉の緊張が低下し始め、約1週間で噛みしめる強さが弱まり始める
  3. 奥歯を噛みしめたとき、治療前に触れた咬筋の硬い盛り上がりが柔らかくなる
  4. 1~2か月で見た目での変化がみられる(小顔効果)
  5. ボトックスの効果が徐々に弱まり、4カ月程度維持される
  6. その後、咬筋の緊張が戻り、徐々に筋肉が肥大してくる

やはり表情ジワに対する効果同様に、エラボトックスの治療効果も永久ではないため、効果を維持するためには繰り返しの治療が必要となります。

当院での治療症例

施術名:A型ボツリヌス毒素製剤注射                                               施術内容:A型ボツリヌス毒素製剤の筋肉内注射                                          副作用:頭痛、眼瞼下垂、そう痒感、注射部位疼痛、注射部腫脹、注射部出血斑、注射部熱感                      価格:55,000円(税込)

よくあるご質問

Qエラが張っています。治療の適応になりますか?

咬筋の肥大によりエラが張って見える場合は適応になります。ただし、下顎角部の骨の突出が原因であり咬筋自体の肥大が目立たない場合には適応外となります。

Q1回の治療で治りますか?

残念ながら、ボトックス注射の効果は3、4ヵ月で徐々に軽減しますので、咬筋が肥大する原因(例えば歯ぎしりや食いしばりなど)が継続している場合は定期的な治療が必要となります。

Q治療間隔はどのくらいですか?

咬筋が肥大する原因が歯ぎしりや食いしばりなど、個人差があるものであるため、エラボトックスの治療間隔は表情ジワの治療と異なり個人差があります。

そのため、咬筋が再び肥大してくるまでの期間とご本人様の希望でご相談させていただきます。

Q合併症について教えてください。

永久的な合併症は現時点において報告されていませんが、固い食べ物の噛みにくさや長い時間噛んだ場合の疲れを感じる方がいらっしゃいます。ただし、この場合も症状は通常1カ月以内になくなります。

料金表

料金表はこちらをクリック

 

ボトックス注射のページに戻る

小顔

  1. ハイフ(ウルトラセルQプラス)

    メスを使わない!切らないリフトアップ・たるみ治療!

  2. クールスカルプティング

    医療的ダイエット「クールスカルプティング」のご紹介とご説明です。

  3. エラボトックス

    エラを小さくして小顔に

美容皮膚科