BIRETIX ビレティックス

BIRETIX

BIRETIX(ビレティックス)シリーズは、スペインに本拠地を置く製薬会社「Cantabria Labs」のニキビケア製品です。

BIRETIXの特徴

BIRETIXは、刺激や感光性を持たずにレチノイン酸のすべての利点を提供する特許取得済みの〈Retinsphere®テクノロジー〉と、ニキビができやすい肌での細菌の増殖を防ぐ〈BIOPEP-15〉を組み込んでいることを特徴としています。
これらの技術と最も効果的な有効成分により、BIRETIXは、思春期ニキビ・大人ニキビの両方に効果的です。

Retinsphere®テクノロジー

2つの高耐性レチノイドを組み合わせた革新的な技術

〈ニキビに対するレチノイドの働き〉
ビタミンA(レチノール)とその類縁化合物であるレチノイドの働き
①毛穴のつまりを取る
角栓を剥がし、毛孔からの面ぽう内容物の排出を促し、微小面ぽうの形成を妨げます。また、抗生剤など他の外用剤の浸透を促すことにもなりニキビに効果的です。
②皮脂分泌の抑制作用
ニキビの原因となる、皮脂の過剰分泌を抑えます。
③炎症性皮疹の改善
炎症性皮疹の周囲組織への漏出を防ぐことで、炎症反応の遷延を防ぎます。

レチノイドは、ビタミンA(レチノール)に由来する分子で、上記作用によるニキビ治療だけでなく、シミ・肝斑治療や小じわに対しても効果的です。
ただし、皮膚の紅斑、剥離、乾燥などの刺激症状がでやすい成分でもあります。
そこで、Cantabria Labsは、高い有効性と皮膚への耐性を備えた技術を開発するようになりました。

そして誕生したのが、Retinsphere®テクノロジー。

2つの安定した効果的なレチノイドと優れた忍容性を組み合わせたもので、ニキビへの効果、創傷治癒の促進効果、シミや小じわなど老化治療に関する多くの研究でその有効性を証明しています。

構成
ヒドロキシピナコロンレチノエート
トレチノイン酸の誘導体で、肌の再生効果をもたらしますが、刺激の可能性はありません。
安定化およびカプセル化されたレチノール
レチノールが徐々に放出され、皮膚の最も深い層に浸透しながら、持続的に作用します。

 

BIOPEP-15

BIPPEP-15は、ニキビの発生に関与する主要な細菌であるCutibacteriumacnesの細菌増殖を減らす植物ベースの技術です。

 

BIRETIXの商品

Tri-Active Ger トリアクティブジェル

〈特徴〉
活動性ニキビを改善し、ニキビ跡を防ぎます。
〈このような方におススメです〉
✔軽症のニキビがある方
✔中等症のニキビには他剤との併用により効果が高まります
✔ニキビ跡が気になる方
〈構成〉
RetinSphere®テクノロジー(ヒドロキシピナコロンレチノエートおよびレチノールグリコスフィア)
BIOPEP 15
2%サリチル酸
15%グリコール酸
5%ナイアシンアミド
〈使い方〉
使用する前に振ってください。お肌を清潔にした状態で1日1〜2回患部に塗布します。

 

BIRETIX GER ビレティックスゲル

〈特徴〉
ニキビ治療後の良い状態を維持し再発を減らすための、特別に設計されたフェイシャルジェル。
〈このような方におススメです〉
✔ニキビ治療後のメンテナンス
✔イソトレチノイン内服後
✔ニキビを予防したい方
〈構成〉
RetinSphere®テクノロジー(ヒドロキシピナコロンレチノエートおよびレチノールグリコスフィア)
パパイン
ビタミンE
天然保湿因子(R-NMF)
アロエベラ
ビサボロール
〈使い方〉
清潔で乾燥した肌に1日1〜2回塗布してください。

 

BIRETIX Oral ビレティックスオーラル

〈特徴〉
皮膚の正常な機能を維持し皮脂の生成を抑えます。
〈このような方におススメです〉
✔皮脂が多くてニキビができやすい方
✔食生活が不規則、偏食の傾向がある方
✔ニキビを予防したい方
〈構成〉
亜鉛(グルコン酸塩)
ニコチンアミド
スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)
ビタミンE
セレン
〈使い方〉
空腹時に1日1カプセル服用

〈ドクターからのコメント〉
ビレティックストリアクティブゲルは、ニキビがある方におススメです。
軽症のニキビなら、これだけでも良いですが、中等症のニキビの方は、他の外用薬(例えば、ディフェリンゲルやベピオゲルなど)と併用すると効果的です。
ただし、赤み・乾燥・皮ムケなどの刺激症状が出やすいので、まずは少量を狭い範囲からとふしてくださいね。
ビレティックスゲルは、ニキビが治った方の維持・再発予防にどうぞ。当院では、イソトレチノイン服用後のメンテナンスとしても取り入れています。
ビレティックスオーラルは、体の中からニキビに効かせたい方に好評です。亜鉛は、グルコン酸塩の形で存在し、他の亜鉛塩よりも消化器系の副作用がでにく設計となっています。

ニキビ

  1. イソトレチノイン内服

  2. ZO SKIN HEALTH

  3. BIRETIX ビレティックス

    BIRETIX

  4. ニキビ(ざ瘡)治療〈自費診療〉

    ニキビ(尋常性ざ瘡)治療については、アダパレンや過酸化ベンゾイルの登場・普及に伴い、ニキビ患者様の多くは保険診療による治療で改善、…

  5. VビームⅡ

    単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症などを保険適応でレーザー治療できます。

  6. ポテンツァ

  7. ダーマペン4

    お肌の自然治癒力によるコラーゲン誘導療法  

  8. ハイドラジェントル

    ハイドラジェントルは、【ピーリング】・【ディープクレンジング】・【美容成分の保湿】を同時にできる最新ウォーターピーリングマシンです…

  9. ホルモン療法

    ニキビの原因 男性ホルモン

  10. トレチノイン

    トレチノインとは?…

美容皮膚科